ネトスト力を駆使せよ!第2回ライター講習会

WRITTEN BY

君嶋竜一

10月19日(木)、Mewcketオフィスにて「第2回ライター講習会」が行われました!

参加者はインターンの君嶋と社長の小林さん、営業の五十嵐さん、エンジニアの太田さん。そして講師は「ねとらぼ」などで大活躍されているライターの大原絵理香さんです。

「こんにちはー、よろしくお願いします」
やってきたのは大原さん。前回に引き続きスカジャンでの登場。

ライター講習会は今回で2度目。前回はだいぶ緊張していた僕ですが、以前よりは落ち着いています。気合も十分、講習会スタートです!

インタビューの企画をたてよう

まずはインタビューの企画についての講義です。インタビュー記事を書く際は、企画や媒体の意図をはっきりさせないといけません。どんな人に向けて、どんなことを伝えたいのか、どのようにしたら伝わるのか。これらをインターン生の課題でもある社内インタビュー計画と並行させて、考えていきました。

「インタビュー記事を見るのは、会社に興味を持った人ですよね?」
「Mewcketで働きたい人とか、インターン希望者とか……」
「プロダクトに参加したいクライアントも見るんじゃないですか?」
「Mewcketのアプリを使うエンジニアも見そうですよね」
「じゃあ会社の紹介とか、社員の紹介があると良いね」
「働きやすさとかオフィス周辺のグルメ情報とかも」

各々意見を出し合い、企画の意図を明確にしていきます。ブレインストーミングみたいでちょっとおもしろいです。


PCでメモをとりながらの意見出し

次に、社内インタビューのテーマ決め。インターン生の私(君嶋)と望月さんが、社員の五十嵐さんと太田さんに1テーマずつ、インタビューをする計画です。

そんな中、大原さんが私に問いかけました。
「五十嵐さんってどんな人?」


スーツが似合う五十嵐さん

私は隣に座る五十嵐さんをチラ見しながら考えました。営業の五十嵐さん、いつも冷静で「仕事ができる人!」という雰囲気。計画通りにテキパキ業務をこなしていそうです。

「じゃあ、『やり手営業マンの仕事術』みたいなテーマにしてみようか」と、大原さん。太田さんのテーマも同じように、すぱすぱと決めていきます。手際の良さは流石プロのライターさん、といった印象。


大原さんは社長とテーマの再確認

テーマが決まると、企画書の制作に取り掛かりました。大原さんが実際の業務で作った企画書をもとに制作していきます。見本があるので簡単かなぁと思いきや、これが意外と大変。シンプルに要点と企画の魅力を伝えなければいけないのです。なぜならクライアントが見るのはこの企画書1枚。インタビューを受けるかどうかが、この企画書にかかっていると言っても過言ではありません。

添削と修正を何度も繰り返し……。


かわいいボールペンで添削してくれる大原さん
ちなみにボールペンは私のです

ようやく完成しました!すごい達成感!


企画書の完成版。
こんな感じで2テーマ分作りました。

その後、企画書を取材相手にメールで送信してひと安心。と思いきや、まだまだ講習は続きます。

取材準備はネットストーキング

企画書を送ったら、次にインタビューの際の質問事項を考えます。そのために、取材相手を徹底的に調べ上げるのです。過去のインタビュー記事や、Facebook、Twitter、その他諸々。ひたすら検索して、相手の経歴や業務内容だけでなく、性格や趣味までも……。

「私は相手に引かれるくらい調べますよ。ネトストみたいに」
大原さんはさらっとインパクトのある発言をします。

しかし私も、ネトストはどちらかというと得意分野(?)まさかこんなところでネトスト力が役に立つとは……。人生何があるかわかりませんね。そんなこんなで色々ググっていきました。

そして最後に、調べた内容を元にして質問事項を考えていきます。

「自分にしかできない質問を考えてね、誰にでもできる質問はあなたがする意味ないよ」

大原さんのアドバイスを受け、『自分にしかできない質問』を考えます。自分の立場と相手の立場、そしてブログ閲覧者の求めるものを踏まえた質問……。

難しい!持ち帰ってじっくり考えさせてください!これは次回までの宿題にさせて頂きました。睡眠時間削って考えるぞ。

今回の講習も充実した内容でした。最近少しずつ文章を書く力がついてきた気がします。良いインタビューができるように、良い記事が書けるように、これからも頑張っていきます!