DJにインターン、その先の挑戦とは?Mewcket初のインターン生に話を聞く。

WRITTEN BY

望月 雪美

今回インタビューしたのは、同じライターのインターン生である君嶋竜一くん。ふだん、優しい仏のようなオーラをまとっていますが、趣味のDJやアニメの話になると、目がキラキラ輝きます。そんな彼に、学生生活のことや実際にインターンをやってみて感じたことについて聞いてきました。

 

 なぜ、Mewcket?

ーー今、大学では何を学んでいますか?

ネットワークのセキュリティーについて学んでます。主に、仮想ネットワークを使ったセキュリティーの環境の構成をやっていて、卒論の方向性としては、「標的型攻撃対策のための仮想ネットワーク無瞬断切り替え技術の研究」という感じです。

ーー知識がなさ過ぎて、突っ込みどころがわからないけど、なんか…凄そうですね。私の場合は文学系だから、いろいろな論文読んで、自分の考えを文章でまとめて書くんだけど、君嶋くんのは、パソコンでなにかコードを書いたりするんですか?

既存の社会における問題を解決することが目的で、ネットワーク上のセキュリティー問題をどう解決していくかについて、進めています。だから、いろいろな技術が書いてある論文を読んで参考にしつつ、自分でやった研究を論文にまとめていきます。文系と理系では少し違うのかもしれまぜん。

ーーなるほど。では次に、インターンを始めたきっかけについて教えてください。

今までは、エンジニア関連の会社やエンタメ関係を中心に就活をしていました。あとはおもちゃ作りをやっている会社とかも受けたけど、全滅しました。その時に、業種を変えてみようと思って、ライターの仕事を考えたんです。元々、読んだり書いたりすることが好きだったし、なおかつエンジニアに関係しているところで、と考えたときに、Mewcketに出会いました。

ーーいろんなライターの募集がある中で、Mewcketを選んだ理由は?

エンジニアのためのサービスをやっている、エンジニアの会社っていうところに、興味がわいたんですよね。エンジニアのためのエンジニアを支えるライター、って考えると、自分のやってきたこととできることが近いのかなと思ったから、決めました。

ーーなるほど、自分の中で繋がったって感じですね。

そうですね。あとは、小林さんの印象が良かったのはありますね。社長の印象が良い会社なら、きっと良い会社だと思いました。

ーー読んだり書いたりすることは、いつごろから好きになりましたか?

本は物心ついていた時から読んでいたらしくて、書くのは中2病時代にブログをやっていたから、そのくらいです。あとは、映画をみて監督が伝えたい意図を考えるっていう講義を大学で受けていたけど、そのレポートを提出したときに、「いいじゃん」って先生に言われたんですよね。ちょっとしたことだったけど嬉しくて、ライターみたいな書く仕事も良いかなと思いました。

ーー会社から「インターンをやってみませんか」と言われた時は、どういう気持ちでしたか?

まわりは就活が終わっていたから、この時期かっていうのは正直ありました。インターンをやったところで、受かるかわからないので。でも、受かるにしろ受からないにしろ、成長できるし、自分の経験に繋がるかなと思って、インターンをすることに決めました。家からは遠い距離でもないし、家族も、大学に支障がなければという感じで、自由にやらせてくれましたね。


ITに強い君嶋くん。なにやら受付のシステムを設定していました。

 インターンで学んだこと・成長したこと

ーーインターンを始めてみて、苦労したことは?

1番最初に感じたのは、自分のコミュ障なところと緊張しいなところですね。この間やった名刺交換の練習でも、ものすごく緊張してしまったので、これからちゃんとインタビューをやっていけるのかなと思ってしまいました。大学の発表とかもいまだに慣れないんですよね。最近やっと、ゼミの発表で慣れてきたかなって感じです。あと、知らない人とか、女性としゃべるのが怖いなあと思うことがちょこっとあったり。

ーーそうなんですね、ちなみに私も一応女ですけど、、

いや、でも、望月さんは優しいというか、空気がふんわりしているから、接しやすいんだよね。(急に焦りだす)

ーーじゃあ、逆にインターンを始めてみて、嬉しかったことは?

2回目の講習会で記事を書いていて、修正していた時に自分の文章を見て、どこが良くてどこが良くないかが分かったことですね。自分で気づいて修正できたことが、嬉しかったです。それまでは、チェックしてもらった時にダメ出しが結構あったけど、その時はほぼほぼオッケーだったから、自信が付きました。

ーーどうして、自分の文章の良し悪しに気づけるようになったと思いますか?

今までは、インプットもアウトプットも足りていなかったのがあったから、その量を増やしたっていうのは1番大きかったと思います。しっかりした上手な文章を読むことと、論理的な文章を組み立てることを意識しましたね。1回目の講習で学んだ文章表現を活かせて、成長できたのかなって思いますね。

ーーインプットやアウトプットは、具体的にはどういうふうにやっていましたか?

基本的には、電車の中とか寝る前とかに、インタビュー記事とか雑誌を読んで、いろんな表現の方法を勉強していました。あとは、ネットラジオをよく聞いてましたね。ゲストの発言をどう引き出すかっていうところが、インタビューと一緒かなと思ったんです。相手の言葉の引き出し方を勉強していたと言いつつ、自分の聞きたいものを聞いていました。

ーーさっき話していたコミュ障について、変えようと思ったことは?

変えようと思って始めたのがDJなんです。みんなの注目を浴びるという緊張する場面で、いかに上手に音楽をつなげるか、頑張りました。あとは、前より人と話すように心がけてはいますね。

ーー自分を逆境に置いて、すごいストイックですね。

いや~だいぶ自分に甘いから、そういうところで頑張る分、他のところで自分を甘やかしちゃって、けっこう甘いものとか食べちゃうんですよね。

ーーそういう甘やかし!?


この間、ふと隣を見た時は、朝からチョコレートをつまんでいました。

ーーちなみにDJはいつ頃からやっていますか?

ちゃんと始めたのが今年の5月で、現場でデビューしたのが、6月半ばくらいです。最近になって、自分を変えていこうと思い、本格的にやり始めました。

ーーDJ、インターン、と挑戦が続いているけど、これから挑戦しようと考えていることは?

エンジニアメインでライターの勉強をするのもありだと思うって、太田さんに勧められたことがあったんですよね。それで、この会社入って、ライターだけをするのも良いと思うんだけど、やっぱり大学で学んだことを活かして、エンジニアの仕事をするのも良いかなと、考えてはいます。

ーーそのために今しようと思っていることは、何かありますか?

まずはインターンの期間を、しっかりやろうと思っています。インタビュー力や文章力をあげて、できればコミュ障も直したいです。あとは、卒業研究をしっかりやることですね。大学の勉強もインターンと並行して頑張ります。

 アクティブに、外交的に

ーー普段の生活について、学校の日、インターンの日、休みの日の3パターンで教えてください。

学校の日
学校には、週に2,3回行って、バイトがある時は17時に、ない日は、19,20時くらいまでは学校に残っています。卒業研究を進めたり、友達と過ごしたりしていますね。

インターンの日
朝7時に起きて、電車でインタビュー記事読んだり、質問を考えたりしています。終わったら、秋葉原とか水族館に行くこともありますね。家には21時頃に着いて、帰ったら、本を読んだり大学の課題をやったりしています。

休日
ライブとかイベントに行くことが多いです。どこかしらで何かしらやってるから、好きな人や興味のある人のライブで、ストレス発散しています。友達に急に誘われて、ごはんに行くこともありますね。あとは、本当にやる気が起きない時は、ひたすら寝てます。でも、そういう日って大抵、頭の中にしなくちゃいけないことが片隅にあるから、もやもやしながら気づいたら、夕方になってますね。


「インドアに見られがちだけど、実はアウトドアなんだよね~」と語る君嶋くん。意外です。

ーー最後に、次のインターン生に向けて、伝えたいことは?

就活って3年生からのイメージが大きいと思うんだけど、遅いかなと思います。1年生のうちから興味のある仕事を調べたり、インターンに行ったりすることをお勧めしたいです。
あとは、学校外の人とコミュニケーションをとることは、大事だなって感じますね。つながりが多いと、就活に活かせるかもしれないし、趣味でつながることで、就職とかもあると思います。自分の趣味ややりたいことでも、自分だけの空間だけじゃなくて、視野を広げていくといいのかな。


このインタビューのために、勝負服のTシャツに着替えてくれました。気合の入り方が違います。