家賃100%会社負担のインターン!東京でライターになろう|Mewcket新卒1期生ライター座談会【前編】

WRITTEN BY

大久保 歩

 

新卒就活が、かつてない売り手市場になっている。学生の「新卒カード」は過去にないくらい高値を付けていると言えるだろう。そんな中、設立して1年と半年のスタートアップに貴重な新卒カードを捧げた2名の女性がいた。

彼女たちが入社を決断したスタートアップ、株式会社Mewcketとはどんな会社で、彼女たちはなぜ入社を決断したのだろうか。Mewcketブログ編集者自ら、彼女らの頭の中に迫った。

 

ゲストのプロフィール:

秦 れもん:株式会社Mewcketのライター。福岡出身。2018年3月、北九州市立大学文学部を卒業した。在学中は東京でインターンをしながら週1で福岡へ戻る二重生活を送っていた強者。カフェインが苦手。

望月 雪美:株式会社Mewcketのライター。山梨出身。2018年3月、都留文科大学文学部を卒業した。在学中は秦氏と同じく、東京でインターンをしながら週1ペースで地元・山梨に帰っていた。仕事中によく食べるお菓子はダースとガルボ。

 

Mewcketの存在を知ったきっかけは?

 

秦れもん(以下、れもん):私は、いわゆる普通の就活に行き詰まって、地元の福岡でライターや編集の仕事ができる会社を探してたんだよね。でも、もう応募を締め切ってたり、インターンは大学1・2年生が対象だったりして。そんなとき、WantedlyでたまたまMewcketの応募を見かけて。「書く仕事がしたい」って気持ちは自分の中にずっとあったし、遠方からのインターンも受け付けてるということだったので、挑戦してみようと。

望月雪美(以下、望月):私も同じように、たまたまWantedlyで見つけたのがきっかけだった。小林さん(Mewcket代表)から会社の説明を聞いたときもすごく興味をもてたから、インターンを始めるのを迷うことはなかったかな。ただ、私自身はすごくやりたかったんだけど、親に相談しなくちゃいけなくて。インターン中は東京に住む必要があったし。

↑ 新卒ライターの秦さん。軽快なトークで場をリードしてくれた

 

地元から東京に出ていく決断。親の反応は?

 

れもん:家を出て東京でインターンをすることについて、親はどうだった?

望月:私はすごく反対された(笑)。だから、どういう会社かってことや自分のやりたいことについてちゃんと説明したけど、数日間は戦いを繰り広げた(笑)。でも、最終的には親もわかってくれたから。「3日で帰ってくるだろう」とか言われたけど、それが逆にモチベーションにもなったかなあ。れもんちゃんは反対された?

↑ 新卒ライターの望月さん。周りを和ませる穏やかなオーラが漂う

れもん:全然されなかった(笑)。なんといっても、インターン生のシェアハウス代と、会社までの交通費が全部出るじゃん。そこは大きかった。

望月:そこはたしかにMewcketでインターンするのを後押ししてくれたよね。それがなかったら、インターン中の生活費だけでも莫大な費用がかかるし。

れもん:あと私の場合、インターンを始める前に選考があったんだよね。親としても、それに通ったのに「行くな」とは言えなかったんじゃないかな。

望月:私のときはなかったなあ。どんなの?

れもん:五十嵐さん(マーケティング責任者)と太田さん(執行役開発責任者)にインタビューして記事を書いたんだ。その良し悪しと、話したときの感じでインターンできるかどうか決まる感じだった。

望月:なるほどね。

れもん:それに、私が就活でくすぶってたことも親は知ってたし、東京に行きたいってことも反対されてなかったから。「向こうでの家賃出してもらえるなんて良い条件じゃん。行けば?」みたいな(笑)。

望月:私の場合、ずっと地元の山梨で就活してたのに急に東京って言い出したから反対されたのもあるかも。

れもん:雪美ちゃんは、山梨で就職したかったの? 東京に出たかったの?

望月:んー……もともとは地元で働きたかった。やっぱり馴染みのある土地だし。でも東京に目を向けてみたら、こっちもありかなって思えるようになったんだ。まあまあ近いし、帰れない距離じゃないし。

れもん:ちょうどMewcketもあったしね(笑)。

望月:(笑)。

 

 

――後編ではいよいよ、Mewcketでのインターンの思い出などを語ってもらいます!乞うご期待。

 

4/24追記:後編アップしました!

家賃100%会社負担のインターン!東京でライターになろう|Mewcket新卒1期生ライター座談会【後編】