エストニアと恋に落ちた東大卒・ライター。「おもてなし」を斬る彼女がMewcketを選んだワケ | 社内インタビュー第2弾

「Mewcketには変わった人が多い」。ライターインターンとして働き始めて3ヶ月、つくづくそう思う。タイで7年働いていた人がいたり、毎日俳句を詠む女子大生がいたり……。

今回、インタビューしたライターインターン生、木嶋弓子さんも、そんなMewcketの変わり種の1人。東京大学卒業後もMewcketでインターンとして働き続け、遙か彼方の北欧の国・エストニアでの就職を目指している。

学生時代、日本の「おもてなし」に怒り、エストニアに惚れた彼女が、なぜMewcketで働くことになったのか? 夢追うインターン生に迫る。

 

ゲストのプロフィール:

木嶋弓子:Mewcketのライターインターン生。2018年3月に東京大学教養学部を卒業。在学時は東大生によるオンラインメディア『UmeeT』の編集部にて編集企画・ライティングを担当していた。現在はエストニア就職を目指し、エストニア産Skypeを駆使して就活中。飼っている柴犬の名前は「しば」。

 

――まず、木嶋さんがMewcketに出会った経緯を聞かせてください!

「HAIT」っていう、AIを学ぶ学生団体が東大にあって、そこで学生向けのPythonを学ぶコースを受講してたんです。そうしたら、インターンを募集してる企業と受講生とのマッチングイベントが最後にあって。そこで小林さん(Mewcket・CEO)と太田さん(CTO)に会いました。

Macのスタンドを愛用している木嶋さん。私も欲しい

 

――エンジニア向けのイベントがきっかけだったんですね。では、なぜライターに?

実は、受講期間がちょうど卒論を書く時期だったからPythonのほうはめっちゃサボっちゃってて(笑)。だからプログラミングは身につかなくて……。あと、大学でUmeeTっていうwebメディアの編集部にいたのもあって、書く仕事のインターンをしたいな、と。

――イベントには様々な企業が訪れていたんですよね。その中でMewcketに興味をもったのはなぜですか?

小林さんとそのイベントで話したときに、「うちはスタートアップだけど、定時になったらみんないないし、どれだけ長く働いたかっていうより、効率を重視している」って言ってたんです。それですごくMewcketに惹かれたんですよね。そういう会社ならインターン生にも劣悪な環境で働かせたりしないだろうなと思って。実際に、リモートワークとかもOKだし。特にスタートアップだと「やりがい搾取」みたいなのも心配だったから。

それと、もともと日本の働き方の問題にすごく興味があったのも大きいかな。2015年に、大手広告代理店の新入社員だった高橋まつりさんが過労死自殺した事件がありましたよね……。あの事件で遺族代理人をされた川人弁護士と、まつりさんの母親が学祭に講演をしに来て。それを参考にしながら、日本のおもてなしについて問題提起した記事を書いてUmeeTに載せたりしたんです。(その記事がこちら)だから、労働時間でなく効率を重視する働き方を会社で実践してるところが素敵だなって思いました。

――実際にMewcketでライターインターンを始めて、やって良かったなと感じる瞬間はありますか?

AI EXPO (2018年4月に東京ビッグサイトにて開催された、AIを扱う企業の展示会)で、エストニアにある企業『NEUROMATION』の人たちに突撃取材できたこと! アポとか一切とってなかったのに、その場でいきなり取材に応じてくれたんですよ。その企業のアイデアはものすごく新しかったし、話をしてくれた人たちも情熱的でおもしろい人たちばっかりで。2人とも熱量が普通じゃないんです(笑)。自分のやってるビジネスにそれくらい情熱をもてるのっていいなあと思いました。そういうおもしろい人たちと直に話してたくさん質問できるのは、ライターの特権ですね。

――ライターという仕事にもやりがいを感じていると思うのですが、現在はインターンの傍ら、エストニア就職を目指して現地企業の面接を受けているんですよね。なぜ、エストニアなのでしょう?

大学生のときに2回行って、エストニアっていう国が私にとっての理想だなと思うようになったんです。正直、国名を聞いただけじゃどんな国なのかイメージできない人も多いと思うんだけど……。

【地図データ:Google, GeoBasis-DE/BKG】

北欧諸国にほど近い「バルト三国」の1つ、エストニア。日本からは10時間以上かかる、らしい

実は「電子国家」って呼ばれるくらいIT化が進んでて、政府の方針が電子化という方向に向かってしっかり定まってるんですよね。人口は福岡市と同じくらいのすっごく小さな国で、国そのものがスタートアップみたいな雰囲気なんです。政府にも、実現が難しそうなことを軽々と始めちゃう人がけっこういて。たとえば、電子居住権っていう制度を導入したり。

それから、やるべき仕事はきっちりやるけど過剰なおもてなしがないところも理想どおりだなって思ったんです。私、昔スーパーでバイトしてたんですけど、おかしいって感じることがたくさんあって。チップがあるわけでもないのに、笑顔とか多くのことを求められたり。しかも中には、お客さんは求めてないのに店長とか先輩の同調圧力でやってるだけのこともあったり。働いている人に対する期待が過剰すぎるとずっと感じてました。

そういうところがエストニアにはなくて、正直、店員さんの愛想はかなり悪いんですよ(笑)。でも、自分の仕事を放棄するということではなくて、やらなくちゃいけないことはちゃんとやってる。そのバランスがちょうどいいなって。そういうおもてなしのなさとか、先進的な取り組みを国がしているところから、「ここで働いてみたい」って思うようになりました。

――そうは言っても、実際に卒業してすぐに現地企業で働く決断をするのは勇気が必要だったのでは? 何が決め手になったんですか?

私がたまに行くコワーキングスペースがあるんですけど、そこのマネージャーに背中を押されたんですよね。その人は長野でコワーキングスペースをやる計画を立てていて、その話を聞かせてもらってたら、その後に「あなたは何がやりたいの?」ってきかれて。エストニアに行きたいって話をしてみたら、その人の反応が、今まで話したどの人とも違ってたんですよ。

――と、言うと?

なんか他の人は「へえー」みたいな反応ばっかりで(笑)。でもその人は、「やりたいことがあるなら、やったほうがいいんじゃない?」って。「やりたいことがある時点で、幸せだよ。それがない人もいるんだから」って。サラッと言われた言葉なのに、不思議なくらい勇気をもらったんです。正直、その頃にはもうエストニアに行くことは諦めかけてたんですけど、あの言葉で思い直せました。「やりたいことがあるのって、幸せなことなんだ」って思えるようになったんです。あれが大きなきっかけだったかな。

――エストニアに行ったら、どんなことをやりたいんですか?

現地のスタートアップで、日本市場に対するマーケティングをすることになると思います。向こうの企業が、日本人である私に求めるのはそこだと思うから。マーケティング自体にもすごく興味がありますしね。

あとはそこで、エストニアでの仕事の進め方を知りたいなと思ってます。エストニアに移住した日本の人と話すと、すごく意思決定が早いって聞くので、そういう環境に慣れたいなと。あと、ずっとエストニアにいるかはわからないので、他の国に行っても通用する人になりたいです。

エストニアの話をしているときの瞳はキラキラ輝いていた

――木嶋さんのエストニアレポート、めっちゃ楽しみにしてます! MewcketのSlackで「#エストニア」のチャンネル作ってください(笑)。

 

過剰なおもてなしに疑問を抱いていた彼女が選んだのは、生産性の高い働き方を追求するMewcketや、効率重視の電子国家・エストニアだった。

自分の気もちに忠実に、やりたいことを実現させていく彼女の姿は私たちに勇気を与えてくれる。

 

――

次回は、社内で第1回MVP(Mewcket Valuable Player)を受賞したエンジニアインターン・齋藤徳秀さんへのインタビュー(予定)です! エンジニアの仕事の醍醐味や、Mewcketへの想いを本音で話してもらいます!

 

家賃100%会社負担のインターン!東京でライターになろう|Mewcket新卒1期生ライター座談会【前編】

 

新卒就活が、かつてない売り手市場になっている。学生の「新卒カード」は過去にないくらい高値を付けていると言えるだろう。そんな中、設立して1年と半年のスタートアップに貴重な新卒カードを捧げた2名の女性がいた。

彼女たちが入社を決断したスタートアップ、株式会社Mewcketとはどんな会社で、彼女たちはなぜ入社を決断したのだろうか。Mewcketブログ編集者自ら、彼女らの頭の中に迫った。

 

ゲストのプロフィール:

秦 れもん:株式会社Mewcketのライター。福岡出身。2018年3月、北九州市立大学文学部を卒業した。在学中は東京でインターンをしながら週1で福岡へ戻る二重生活を送っていた強者。カフェインが苦手。

望月 雪美:株式会社Mewcketのライター。山梨出身。2018年3月、都留文科大学文学部を卒業した。在学中は秦氏と同じく、東京でインターンをしながら週1ペースで地元・山梨に帰っていた。仕事中によく食べるお菓子はダースとガルボ。

 

Mewcketの存在を知ったきっかけは?

 

秦れもん(以下、れもん):私は、いわゆる普通の就活に行き詰まって、地元の福岡でライターや編集の仕事ができる会社を探してたんだよね。でも、もう応募を締め切ってたり、インターンは大学1・2年生が対象だったりして。そんなとき、WantedlyでたまたまMewcketの応募を見かけて。「書く仕事がしたい」って気持ちは自分の中にずっとあったし、遠方からのインターンも受け付けてるということだったので、挑戦してみようと。

望月雪美(以下、望月):私も同じように、たまたまWantedlyで見つけたのがきっかけだった。小林さん(Mewcket代表)から会社の説明を聞いたときもすごく興味をもてたから、インターンを始めるのを迷うことはなかったかな。ただ、私自身はすごくやりたかったんだけど、親に相談しなくちゃいけなくて。インターン中は東京に住む必要があったし。

↑ 新卒ライターの秦さん。軽快なトークで場をリードしてくれた

 

地元から東京に出ていく決断。親の反応は?

 

れもん:家を出て東京でインターンをすることについて、親はどうだった?

望月:私はすごく反対された(笑)。だから、どういう会社かってことや自分のやりたいことについてちゃんと説明したけど、数日間は戦いを繰り広げた(笑)。でも、最終的には親もわかってくれたから。「3日で帰ってくるだろう」とか言われたけど、それが逆にモチベーションにもなったかなあ。れもんちゃんは反対された?

↑ 新卒ライターの望月さん。周りを和ませる穏やかなオーラが漂う

れもん:全然されなかった(笑)。なんといっても、インターン生のシェアハウス代と、会社までの交通費が全部出るじゃん。そこは大きかった。

望月:そこはたしかにMewcketでインターンするのを後押ししてくれたよね。それがなかったら、インターン中の生活費だけでも莫大な費用がかかるし。

れもん:あと私の場合、インターンを始める前に選考があったんだよね。親としても、それに通ったのに「行くな」とは言えなかったんじゃないかな。

望月:私のときはなかったなあ。どんなの?

れもん:五十嵐さん(マーケティング責任者)と太田さん(執行役開発責任者)にインタビューして記事を書いたんだ。その良し悪しと、話したときの感じでインターンできるかどうか決まる感じだった。

望月:なるほどね。

れもん:それに、私が就活でくすぶってたことも親は知ってたし、東京に行きたいってことも反対されてなかったから。「向こうでの家賃出してもらえるなんて良い条件じゃん。行けば?」みたいな(笑)。

望月:私の場合、ずっと地元の山梨で就活してたのに急に東京って言い出したから反対されたのもあるかも。

れもん:雪美ちゃんは、山梨で就職したかったの? 東京に出たかったの?

望月:んー……もともとは地元で働きたかった。やっぱり馴染みのある土地だし。でも東京に目を向けてみたら、こっちもありかなって思えるようになったんだ。まあまあ近いし、帰れない距離じゃないし。

れもん:ちょうどMewcketもあったしね(笑)。

望月:(笑)。

 

 

――後編ではいよいよ、Mewcketでのインターンの思い出などを語ってもらいます!乞うご期待。

 

4/24追記:後編アップしました!

家賃100%会社負担のインターン!東京でライターになろう|Mewcket新卒1期生ライター座談会【後編】